So-net無料ブログ作成

あまのさけ山本SP荒走り第2弾! [お酒]

地元大阪は河内長野の銘酒「天野酒」。
そちらのレギュラー銘柄ではなく、ちょっと特別なルートでしか手に入らないお酒が「山本SP」です。
第1弾も入荷してたので、ご紹介してると思ってたのですが、ブログ内に見つからず…(汗)
えっと、とりあえず2弾目なんです。荒走り第2弾!
1746780_1000172403_16large.jpg
2種類入ってきましたー!!

どちらを開けようか迷いに迷って、今日は生もとの1801号酵母の方にしました。
確か、1801酵母って香り系・・・山本さんのことだから、プンプン香るタイプのお酒にはならないだろうけど
生もと造りに使うとどうなるんだろう?
酒屋さんが異種格闘技戦的な純米酒と評するお酒です。

どんなお酒になってるんだろうとドキドキしながら、何の気なく開栓したら
ポン!!っと大きな音を立てて、栓が跳ぶ勢いでした。跳んでないですけどね(汗)
ビックリして、リアルにドキドキしてしまいました(笑)。
しゅわーっとガスが噴出して、めちゃめちゃ元気です。

そんなに香らず、ピリッと舌に感じる酸の方が印象的です。
でも、軽く絡められた滓が口当たりを柔らかくしてくれていますし
爽やか、かつ、スルッと喉を通るので、軽く飲めてしまいます。
最後に少し舌の奥の方に渋みが広がるのが、味わいを重厚にしてくれてる感じ。
色んな意味でうまくバランスが取れているので、
荒走りというには、バランスが取れすぎてるんじゃないかと思うほどです。

造り手である山本さんは、
上槽すぐは味のまとまりがなく飲みづらさを感じたとのこと・・・
落ち着くまで蔵出しの時期を待って、このタイミングにしたことで、
まとまりのあるお酒になったということでしょうか。
スイスイ飲めて、しっかりした味わいもある、美味しいお酒に仕上がっています。
2~3日たったら、どんな味に変化するかも楽しみですね。

初挑戦という8号酵母の方のお酒も、どんな味かとっても楽しみです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0