So-net無料ブログ作成
検索選択
イベント ブログトップ
前の10件 | -

「酒屋八兵衛を楽しむ一日」レポート [イベント]

12日の土曜日、三重より「酒屋八兵衛」蔵元の女将さん、元坂桐子さんをお迎えしまして
酒屋八兵衛を飲みつくし楽しみつくす八兵衛まつり「酒屋八兵衛を楽しむ一日」を催しました。
DSC_0855.jpg
会の前に、少々緊張の面持ちの素面の二人です(笑)

この日は、京都での大イベントや、近隣のバルイベント、さらに梅田でのビールイベントなど
いろんなイベントが重なっていて、正直お客様に集まってもらえるかとっても不安でしたが
たくさんのお客様が来てくださって、立ち飲み続出の大賑わい。ありがとうございました!

お酒はこんなラインナップ
1381728946743.jpg
IMG_340199179170555.jpeg
大人気の「おしゃれ八兵衛」こと雄町の純米吟醸はじめ、バランスよく口当たりのよいお酒から
定番味乗りの山廃純米、まだ若い感じの24BY、面白い雰囲気をまとった熟成酒まで
いろんなタイプのお酒を8種類。(八兵衛だけに・笑)
今回は、雄町比べ、米比べ、年度比べ、火入れの有無比べなどなど
いろいろ試していただきたいな~という思いから、2種飲み比べセットもお楽しみいただきました♪

あ・・・お客様たちの楽しげな写真を撮るのを忘れていました;
お手伝いに来てもらった登酒店四代目のモデル風写真はありましたw
IMG_340587644043222.jpeg

お越しくださった皆様、楽しい時間をありがとうございました!!
IMG_341104954464001.jpeg
お酒もお料理もすっかり完売しまして、ゴキゲンな二人です。
素面の桐子さんは人見知りで、仲良くさせて頂いてるのに少し緊張気味かつ礼儀正しすぎるくらい(笑)
でも、ちょっとお酒が入って慣れてくると、とっても楽しいお姉さま♪
今回も桐子さんの弾ける笑顔と楽しい会話に、お客様はメロメロに酔ってらしたに違いありません。
桐子さん、ありがとうございました!

「花巴とイタリアンの夕べ」レポート [イベント]

すみません。レポートがすっかり遅くなりました。
先月の14日に開催しました「花巴とイタリアンの夕べ」の様子です。

会場は西天満の「タベルナキンタ」さん。
私が日本一美味しいと思っているイタリア料理屋さんです。こちらで食事をさせてもらうときに、いつも「日本酒に合わせてみたいな~」と思っていたのです。もちろんイタリアワインは良く合います。でも、白ワインのようなキレや酸味のある雰囲気や、赤ワインのような渋みやボリュームを持つ日本酒なら、無理なく合わせられるし、そんな楽しみ方もいいんじゃないかなーと思ったときに「花巴だ!」と。
あえて、日本酒とのマリアージュを意識しないで、いつものイタリアンを出してくださいとお願いしました。
さてさて・・・

テーブルセットです。準備は万端。
e0ff7083.jpg

お客様は総勢34名様。
DSC_0728.jpg

まずはご挨拶させていただきまして、橋本杜氏からもお言葉を頂き
1c19d8e9.jpg

「南遷 山廃純米酒 無濾過生原酒 23BY」で乾杯です。
DSC_0729.jpg
お手伝いに来てくださった登酒店の四代目さんに音頭をとっていただきました。

前菜1「トマトとモッツァレラチーズのマリネ」
994334_505344876223382_1216584821_n.jpg
「弓弦葉 純吟 ひとごこち 生原酒 24BY」が爽やかにマッチ。

前菜2「蛸のガーリックソテー」
1236056_505344942890042_646249981_n.jpg
こちらには「弓弦葉 純米 生原酒 24BY」。蛸の旨みを引き出します。

前菜3「ハム盛り合わせ」
1174860_505344969556706_1841236221_n.jpg
「弓弦葉 本醸造 ひとごこち 生原酒 24BY」が本領発揮。

お肉料理「鴨のロースト」
1235897_505344989556704_1388964093_n.jpg
鴨にはやっぱり「酵母無添加 純米酒 生原酒 24BY」

お魚料理「鱧のフリッター」
565039_505345062890030_928961651_n.jpg
少し優しめで「弓弦葉 純吟 ひとごこち 生原酒 24BY」を。

お魚料理「サザエのエスカルゴ風フォカッチャ添え」
1174886_505345129556690_1335652059_n.jpg
「酵母無添加 純米酒 火入 23BY」を合わせました。ぬる燗がなんともうまい。

ピザ「ゴルゴンゾーラドルチェのピザ」
577945_505345136223356_1774681274_n.jpg
「山廃純米 雄町 無濾過生原酒 24BY」が、チーズに寄り添って甘く感じます。

パスタ「ホタテのジェノベーゼ」
1000969_505345159556687_1482728742_n.jpg
ジェノベーゼのソースには「水もと純米 木桶仕込み 無濾過生原酒 24BY」が合うだろうと想像。
ホタテにアレルギーがあるので泣く泣く・・・です

メイン料理「子羊のグリル」
1234369_505345322890004_481875571_n.jpg
お肉お肉!「山廃本醸造 ひやおろし 24BY」の熱燗や「花巴正宗 特別限定品」あたりが合わないわけがありません(笑)

デザート「バニラアイスとパウンドケーキ」
1237636_505345296223340_2137968117_n.jpg
もちろんデザートにも日本酒を。アイスには「南遷 山廃純米酒 無濾過生原酒 23BY」。ケーキには蔵元持参の「山廃純米 極甘熟成酒 22BY」をば。皆さん飲むというより、かけて食べてはりました♪

一応マリアージュということで(笑)、珍しくこちらからの提案で飲んでいただきましたが
(というのも、「コレには絶対コレ!」みたいに押し付けるのがあまり好きではなくて・・・基本お好きに飲んでいただきたいのです。もちろんお店で尋ねられればご提案はしますが・・・。でも、こういうスタイルもたまにはいいですね)
途中でリクエストにお応えしつつ、後半は自由に飲んでいただきました。
3549862c.jpg

皆さん飲む飲む!(笑)
DSC_0735.jpg

楽しい時間はあっという間で、おおいに飲んで食べた3時間でした。
杜氏に熱いお話を伺いつつ、こっちの方が合うとか、あっちの方が好きだとか、わいわい賑やかに、場所は変わってもやっぱりウチらしくお楽しみいただけたようでした。
参加くださった皆様、ありがとうございました!

全員では撮れなかったのですが、最後にお店の前で
1230022_505345466223323_970751714_n.jpg

タベルナキンタのスタッフの方々、おなか一杯の美味しい料理をありがとうございました!
そして、橋本杜氏、登さん、お忙しいところをありがとうございました。

花巴のお酒は、お刺身よりも火を入れたものの方が、よりお互いを高めあうと思うんです。また、お魚よりもお肉の方が向いてる気がします。それだけに素材の味を大切にしつつ、味付けの上手なイタリアンにはバッチリ合うと思っていたので、この組み合わせは本当に面白かったと自画自賛です(笑)
花巴に限らず日本酒は、それぞれの良さをいかして、いろんなものと組み合わせられると思うんです。無理やりどうしても日本酒を合わせるということではなくて、自ら限界を作ることなくチャレンジできたらいいなと思っています。前回の韓国料理もそのひとつ。いろんな楽しみ方を、皆さんと一緒に作っていこうと思います。
これからもどうぞよろしくお付き合いくださいませ。

あもーれ・にほんしゅ 24BY レポート前編 [イベント]

お天気もよく、暑いくらいの祝日の「あもーれ・にほんしゅ」
311497_464579146952006_1295878753_n.jpg
ヒルトン大阪に300人ほどのお客様に集まっていただきました。ありがとうございました!

ヒルトンさんは、いろいろ芸が細かくて(違っ)、もといサービスが細かくて
551268_296744760459658_347327859_n.jpg 923313_248856391920486_890182297_n.jpg
ホテル入口の掲示板も、会場入口の看板も、ポスターと同じ柄を入れてくださってます。
嬉しいっ♪

12時半の開場時には、すでにたくさんのお客様が集まってくださいました。
チケットを事前に購入くださったお客様にはノベルティとしてオリジナルのお猪口をお渡ししたのですが
このお猪口、すべて手描きなので微妙な違いがいっぱいあって・・・
405776_464579093618678_1888218018_n.jpg
ものすごく可愛いんですけど、みんな選ぶのに時間が掛かってしまうという思わぬ弊害が(笑)。
受付に時間がかかってしまって、申し訳ありませんでした;

13時。
まずはステージでご挨拶させていただきまして、乾杯。
935170_435055736588655_486178309_n.jpg

もちろん、乾杯酒は美冨久さんの山廃本醸造「ともか」のアモーレ特別ラベル♪
DSC_0562.jpg
いつもありがとうございます!

そして、美冨久ブースはいつものこの感じ。
428588_449285348480205_1032870710_n.jpg
撮影依頼にもサービス精神たっぷりで、ありがとうございます。

大きな会場を押えておいたにも関わらず、溢れんばかりのお客様に感謝感謝です。
942633_246756792128701_1814803778_n.jpg

入場時にお渡ししたパンフレット
942151_10200881825350394_626084926_n.jpg

こちらには、今回お出ししていた100本86種類のお酒のリストと、各蔵元さまの情報、
および私のコメントを載せてありました。
544075_435055749921987_1766573579_n.jpg
「蔵元さんとの話のキッカケになったし、意外なこともあって興味がわいた」とか
「全種類を飲めるわけじゃないから、どれを飲もうか考える参考になった」とか
「飲んでみて、あーそういうことか!って思うのが面白い」とか
いろいろ感想を頂けて、とっても嬉しかったです。

最初の挨拶のときにもお話させていただいたのですが、今回は特に
難しいことを考えないで、ただただハートで日本酒の美味しさ楽しさを感じてほしくて
「Don’t think.Feel! (考えるな、感じろ)」(ブルース・リー)とばかりに
自由に楽しんでもらえたらいいなぁという思いが強かったのです。
でも、どうしてもこういう会のときって、自分がもともと好きなお蔵さんに入り浸ってしまったり
逆に知らないお蔵のものばっかり飲んでしまったりしがち・・・
だから、とにかくすべてのお蔵の味を選り好みせずに利いてもらえる機会を作りたくて
スタンプラリーをしていただくことにしました(笑)。
パンフレットの裏の配置図に、そのお蔵のお酒を1種類でも飲んだらスタンプをおしてもらって
943449_464672043612424_595834093_n.jpg
こんな感じ♪
スタンプラリー達成の皆様には、いろんな柄の手拭をプレゼントさせていただきました!

各ブースでは、ひっきりなしのお客様に、はじける笑顔の蔵元さんたち
309949_195538033928014_1824696799_n (1).jpg
27155_449069151851612_827251822_n.jpg
428654_248856411920484_644391790_n.jpg
お客様たちも、みんな笑顔で日本酒を楽しんでくださってるのが、とっても嬉しかったです。

私も、たくさんの笑顔を頂戴しました。
375070_376277589147388_1294668377_n.jpg
ありがとうございます!

16蔵の蔵元さんたちと並んで、会をもりあげてくださったのは、
いつもお世話になってるフロマジュリー・ラクオーレさんのチーズ
168208_449069048518289_1701765423_n.jpg
若波さんのピンクのお酒の酒粕を頂いていたので、それを少しお譲りして作ってもらった
酒粕とクリームチーズのソースや、玉川さんのお酒で追熟させたウォッシュチーズなど
今年もまた、趣向をこらしてくださいました。
残念ながら、玉川さんのウォッシュを食べられなかったのが心残り(泣)。
食べられた方、ぜひ感想を聞かせてくださいね(そして、また泣きます・笑)

怒涛の3時間はあっという間にお開きとなり、閉会のご挨拶をさせていただきました。
911899_490326491020967_1193553143_n.jpg
すべてのお客様にご満足いただけた・・・とは、残念ながら思っておりません。
私の不徳のいたすところで、行き届かない部分もたくさんあったことも自覚しております。
今回の反省点を活かし、もっともっと良い会にできるように、また今後とも精進してまいりますが
とりあえずは、今回たくさんのお客様に日本酒を楽しんでいただけたこと、
大きな事故やトラブルなく会を終えられたことに感謝申し上げます。

最後に蔵元さんたちには、ホワイエにてお見送りをお願いいたしました。
947080_10200882789734503_1003096084_n.jpg
お客様たちには、蔵元さまたちとの写真撮影など、お楽しみいただけたようです。

お集まりくださいました皆様、本当にありがとうございました!

途中、蔵元さまたちからご挨拶を頂戴したのですが、それは次の記事で・・・

「あもーれ・にほんしゅ」チケット販売開始です! [イベント]

素敵なチラシとチケットができました!

大変お待たせいたしました。
チケットは明日3月11日より当店にて発売を開始させていただきます!

「日本酒を愛する人たちと、日本酒をおおいに楽しもう。」が今年のテーマ♪

難しいこと考えないで、日本酒っていいなー美味しいなーって五感で
いやいや、ハートも入れて六感で!感じてほしいんです。

0306あもーれ・にほんしゅ2013_A5チラシB.jpg

そして、参加蔵元さまが3蔵増えまして、15蔵になりました!

あぶくま(福島)   大倉・金鼓(奈良)  小左衛門(岐阜)
相模灘(神奈川)  酒屋八兵衛(三重)  常山(福井
玉川(京都)     大黒正宗(兵庫)   白鴻(広島
花巴(奈良)     松の寿(栃木)    美冨久・三連星(滋賀)
若波・蜻蛉(福岡)  

に、越前岬(福井)  菊鷹(愛知)  川鶴(香川) が増えました! 
順不同・敬称略で失礼いたします

もちろん、チーズのフロマジュリー・ラクオーレさんもご参加くださいます。


日時:4月29日(月・祝)13時~16時(12時半開場)

会場:ヒルトンホテル大阪 5階宴会場  (JR大阪駅前)

会費:6000円 立食のお食事(軽食)と日本酒込
   チケットを事前にご購入くださった方には当日オリジナルのお猪口をプレゼント

!チケットについての注意点です!
 前売チケット制です。あらかじめ店頭にて、ご購入ください。
 事前にご来店いただけない場合は、電話にてご予約ください。
 ご予約の上での当日払いは可能ですが、お猪口はつきませんので、
 できれば、当日チャリティ猪口をご購入くださいませ。
 当日券はございませんので、必ずご予約ください。
 当日払いのご予約につきましては、06-6212-5116までお電話くださいませ。
 できるだけ事前にチケットをお買い求めくださいますよう、ご協力お願いいたします。

◆ネットでもチケットをお買い求めいただけるようになりました!
 登酒店さまhttp://www.nobori-sake.com/shouhin/sonota/amore.html

 かどや酒店さまhttp://kadoyasake.exblog.jp/18362353

どうぞ皆様、よろしくお願いします!!

4・29 あもーれの会場はヒルトン大阪に決定しました! [イベント]

4月29日開催の「あもーれ・にほんしゅ」の会場が決定いたしました!

いろいろ考えるところがあって、会場探しが難航しておりましたが
ヒルトン大阪の5階宴会場をお借りすることに決定いたしました!!

すごい場所をお借りすることになってしまって、ちょっと緊張しておりますが
想いは、変わることなく同じ。

日本酒を愛する人たちと、日本酒をおおいに楽しもう♪
日本酒、蔵元、飲み仲間・・・旧知のこと、新しいこと、意外なこと
何か発見したり再確認したり驚いたり、そんな全てを、日本酒を通じて楽しんでほしい。
あくまで、どでかい飲み会だから。

詳しい告知は改めてさせていただきますが、取り急ぎご報告まで。

 4月29日(月・祝) 13時~
 ヒルトン大阪にて あもーれ・にほんしゅ

 予定を空けておいてくださいね♪

チケットは6千円にて、2月末くらいから発売予定です。
よろしくお願いいたします。


 ◆2月3月のお休みについて
 火曜日は定休日でお休みです(気まぐれで開けます)。
 日曜日は、土曜日と同様の予約営業とさせていただきます。
 土曜日も日曜日も、私に予定さえなければ4名様以上のご予約を承ります。
 ご予約がなければお休みですので、ご来店の際はお電話くださいませ。
 よろしくお願いいたします!

ビール祭 [イベント]

10月1日は「日本酒の日」。

諸説ありますが、10月は酉の月。
酉という字は酒壷をあらわすそうで、また寒造りのスタートとなる月であることから
10月1日を「日本酒の日」にしたとか何とか・・・

日本酒の日にちなんで、いろんなイベントの行われる中、

「うちは、毎日が日本酒の日だわさー!」

とばっかりに、非国民的「ビール祭」を開催しておりました♪

ともかのオクトーバーフェストじゃっ

DSC_0174.jpg

まぁ、ビールのことは、さっぱりわかりませんし、勉強する気もないんで(笑)
「インスピレーションで選んでください」
とお客様に丸投げで、お楽しみいただきました。

でも、この「RED EYE」は、トマトジュースで割ったビールカクテルではなく
トマトを醸造過程で投入したビール。
でも、味は完璧なレッドアイでしたー♪びっくり。

で、早々にビールは終了し、いつものように日本酒を飲んでいただく結果とあいなりました(笑)

酔っ払っててスミマセン; みなさま、お疲れ様でしたー!

滋賀地酒の祭典 [イベント]

9月30日にお手伝いしてきた「滋賀地酒の祭典」は
滋賀県の酒造組合が開催する、大試飲会です。

滋賀県の蔵元40社が、自慢のお酒を持って集まるんですから
(しかも、参加費1000円という太っ腹!)
毎年大賑わいのイベント

今年は、生憎の台風直撃にも関わらず、1500名を超えるお客様にお越しいただき
銘酒の数々をお楽しみいただきました♪ありがとうございます。

DSC_0172.jpg
美冨久の専務さんは、今年イベントの実行委員長をされていたので
会場を飛び回っておりまして、ブースで会えず、残念な思いをされた方もいらして
申し訳ありませんでした;

DSC_0173.jpg
ブースは、こんな感じ。

私も、このブースでお手伝いさせていただきました。
美冨久さんのお酒は、ちゃんと説明できる(というより「売り込める」?)くらいわかってますから(笑)
オススメしまくりで、とっても楽しかったです♪
蔵人さんたちとお話しするのも楽しく、新たな発見もあり・・・
またお客の立場では分からないことや、いろいろ勉強になることが多くて、実に有意義でした。

お世話になった、美冨久のスタッフの皆さん、ありがとうございました!
そして何より、暴風雨の中、大津まで来てくださった皆様、本当にありがとうございました!!

滋賀地酒屋の夕べに行ってきました [イベント]

9月8日の土曜日。
滋賀の大津プリンスホテルで行われた、滋賀県酒造組合主催のお酒の会に行ってきました。

あんまり参加することの少ない、着席スタイルでのホテルの会。
滋賀県の蔵元さん40蔵が参加し、当然、日本酒飲み放題♪
ちょっと金額は張りますが、十二分に価値のある日本酒会でした。

大津プリンス和食は、美味しいと評判なんですよ。
DSC_0147.JPG
美しい・・・

私にはボリュームがありすぎて、食べきれないのが残念ですが
どれもこれも、目にもお腹にも、とっても美味しかったです。

もちろん日本酒も!
1746780_1766005917_49large.jpg
この2ショットは、もう見飽てはりますか(笑)。
赤の三連星の限定品。いやー、美味しいんですわ。

いっぱい飲んで、みんなご機嫌になった頃
大津プリンスの宿泊券や、有名料亭のお食事券の当たる抽選会があり・・・
(何も当たらん;)
最後には、蔵元勢ぞろいでご挨拶。
DSC_0154.JPG

素敵な夜となりました。
お誘いくださった美冨久さん、そしてご一緒くださった皆様、ありがとうございました!

【レポート】天野酒の会 [イベント]

ほんと、すっかり遅くなったレポートで、ほんと申し訳ありません;
9月1日に開催しました「山本SPラストの天野酒日本酒会」の様子です。

山本さんのファンは、うちのお客様にもたくさんいらっしゃいます。
天野酒を8月で退社され、フリーとなった山本さんをお迎えしての日本酒会。
私自身も、とっても楽しみにしていた会です。

今回は、いつもお世話になっている奈良の登酒店の登さんにもご協力いただきまして
男前二人という(個人的に)実に楽しい時間となりました(笑)
DSC_0135.JPG

当日のお酒は
DSC_0137.JPG

天野酒 本醸造 無濾過加水生酒 23BY
天野酒 本醸造 無濾過加水生酒 22BY
天野酒 純米 7号酵母 無濾過生原酒 23BY
天野酒 純米 7号酵母 無濾過生原酒 22BY
天野酒 純米 7号酵母 無濾過生原酒 21BY
天野酒 純米 8号酵母 無濾過生原酒 22BY
天野酒 純米 9号酵母 無濾過生原酒 23BY
天野酒 純米 9号酵母 無濾過生原酒 21BY
天野酒 生もと純米 酵母無添加 無濾過生原酒 22BY

大人気だった本醸造の飲み比べは秀逸でした。
1年寝かせたことで、こんなにも違うのか!と、皆さんから感嘆の声が。
7号は3年分の、年度違いをお楽しみいただける、贅沢さ。
また、すべて五百万石で造られているため、酵母の違いを確認していただけて
いろんな楽しみのある会となりました。
登さんに、「あれも、これも、ともか用に取置きしておいて」と
以前から無理をお願いしておいたのが、見事に花開きましたー♪

料理はこんな感じ。
DSC_0133.JPG

お刺身盛り合わせ(イカ・いさき・サーモン・かっぱ巻き)
お野菜の焼きびたし(茄子・蓮根・おくら・厚揚げ)
鶏の唐揚げのサラダ
自家製イカの塩辛
水茄子の浅漬け
ほうれん草のお浸し
冬瓜のスープ

お客様たちにも、おおいに喜んでいただけました!
DSC_0134.JPG

人前に出ると寡黙になってしまう山本さんをフォローしようと思うと
ついつい登さんと漫才を始めてしまう、この身が呪わしい・・・;
でも、お客様も乗ってきて、お酒の会というよりは、ただの飲み会のような大盛り上がりに。
もちろん、山本さんにお酒のことはたっぷり語っていただきましたが
堅苦しさのカケラもない(汗)、ワイワイとアットホームな、ウチらしい会となりました。

山本さん、登さん、長い時間ありがとうございました!
そしてご参加の皆様、本当にありがとうございましたー♪

2部のお客様たちと記念撮影
ae77977b.jpg

【レポート】美冨久酒造さま日本酒会 [イベント]

ただいま、ガッツリお盆休みを頂いておりますが;
お盆前の11日、美冨久酒造の、藤居専務を招いて、お酒の会を開いていただきました。

いつも通り、14時からと17時からの2部制。
どちらも満席で、ありがとうございました♪

まずは、うちの定番、「白の三連星」こと純米吟醸 三連星 生原酒 渡舟六号で乾杯・・・
1746780_1584739340_67large.jpg
と、思いきや、実はコレ。
春先に当店限定で直汲みしてもらった限定品。
もっとガス感が残ってるかと思いましたが、落ち着いた味わい
しっかり味も乗ってきてるけど、キレイにキレるので、乾杯には持ってこいでした!

そして、今回の大目玉♪超限定品の、この子!!
DSC_0085.jpgDSC_0084.jpg
「ともかの萌うさぎん」 萌え酒です(笑) うさぎと吟醸の吟がかかってます(笑)
ラベルは、おおいに可愛らしくしあげてくださいましたが
「だいぎんじょう とびんどり おりがらみ」と肩書きにあるように、実に上等のお酒。
IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)で2年連続金賞受賞の純米大吟醸
「大吟極醸」袋吊りの、おりの部分を集めてもらったおり酒なんです。
これが実に美味しい♪旨み成分と、ほのかな香りが絶妙なバランスのにごりに仕上がってて
にごりが苦手な方でも、クイクイいけちゃう感じでした。
専務は「これ、どんな顔でお客様に出したらええねんやろ?」と戸惑い気味でしたが(笑)
お客様方には大受けでしたよ。(ありがとう。カイ・シデン兄さん!)

料理は、いつも通り、美冨久さんのお酒に合う肴を色々。
「このお酒に、この料理を合わせてください」というようなマリアージュを言うつもりはありません。
どれを食べても、どれを飲んでも外さない。そんなマリアージュ♪
DSC_0086.jpg
近江牛のブロックでローストビーフを作ろうと思って頼んでたのに、「佐賀牛しかない」と言われ凹み…
「今日はどんなに良い佐賀牛でもあかんねん!近江牛でないと意味がないねん~~」
と泣く泣く、大好きなショルダーハムに変更。
お刺身をグレードアップしようと思って魚屋さんにいったら、天然のハマチを1尾渡される(笑)。
というわけで、メニュー

三重県産天然ハマチの各部位 とろサーモン マグロと山芋の漬け 淡路のぷりぷりワカメ
味の濃いポテトサラダ ショルダーハム 梅酢蛸のキュウリ和え
茄子のピリ辛味噌煮 冷奴を添えて
蛸と新生姜とモズクの酢の物 山葵風味のお稲荷、穴子の八幡巻 だだちゃ豆
鶏の砂肝とニンニクの芽炒め

でした。

お酒は他に
今年復活した速醸の純米酒「美冨久 純聖」に、「美冨久 山廃純米 ひやおろし」今年のん。
え!ひやおろし? そうなんです。ちょっとフライングで出していただきました。
はい。もちろん固いです(笑)。でも熱燗にすると美味しかったので、よく飲んでいただきました♪

熟成系は
定番の3年古酒「美冨久 純米酵房」と「美冨久 山廃特別純米 16BY 限定品」。
16BYだと、藤居専務が蔵にお帰りになる前だとか・・・
年々きれいになって、熟成酒の入口としての役割を担っていく純米酵房と、
深みを増していく16BYといったところでしょうか。
そして、とっても飲みやすい氷温5年熟成の三連星(初年度の白)
DSC_0083.jpg
こちらは、販売されてましたが、すでに入手困難。
「新酒ではないのだよ!新酒とは!!」と書かれていますが、5年の熟成を感じさせないフレッシュさ。
もうちょっと熟成させたい気もしますが、コレはコレ。
もしかしたら、今回のお酒の中で一番キレイだったかも?(笑)

そして、梅酒も♪
吟吹雪で仕込まれた日本酒で漬けられています。うまい♪
「あえて言おう、梅であると!」
これがこの梅酒の製品名です(笑)。さすがAE社水口支部だけあります。

DSC_0088.jpg

顔見知りのお客様も、初見のお客様も、みんな一緒になって大盛り上がり。
お酒の質問もあれば、オリンピックの話で盛り上がる一幕も。
今年の美冨久会も大盛況に終えることができました!
ご参加くださいました皆様、藤居専務、
そして趣向をこらしてくださった蔵のスタッフさんたち・・・ありがとうございました!!

前の10件 | - イベント ブログトップ