So-net無料ブログ作成
検索選択
ごあいさつ ブログトップ
- | 次の10件

お店の場所と営業時間 [ごあいさつ]

◆お店の場所◆


ただいま引っ越し中です。

3月13日に移転オープンいたします。


大阪市中央区難波1-7-15 江戸安ビルの4階
   ℡ 06-6212-5116

御堂筋の難波駅北側改札より徒歩3分ほどです。
14番出口を出て北(道頓堀の方)に向かうと、すぐに「金龍ラーメン」があります。
その角を右に曲がり3つ目のビルが江戸安ビルです。ちょうど松竹座の真裏になります。

少し階段を上がったところにエレベーターがありますので、ご利用くださいませ。
4階にて、皆様のお越しをお待ちしております。
Image1213.JPG

地図はこちら

皆様のお越しをお待ちしております。


◆営業日と営業時間◆

 営業時間 : 15時~22時(L.O.)
日曜日は20時までです

 定休日 : 火曜日と祝日 (土曜日は要予約)

 土曜日 : 3名様以上のご予約のお客様のみ承ります                (必ず2日前までにご予約ください)
          ご予約のお客様がいらっしゃらなければお休みさせていただきます。
          営業していて、お席がございましたら、ご予約なしてもお入りいただけます。
          ご予約無しのお客様は、お手数ですが必ずお電話でご確認ください。

カウンター8席だけの小さなお店です。大勢で来てくださると入れないこともあります。
また、お席がいっぱいで、お帰りいただくのは心苦しいですので、
できれば事前にお電話いただけるとありがたく思います。

         06-6212-5116
ブログを見たとおっしゃっていただけると嬉しいです。
皆様のお越しをお待ちしております。

なお、4名様以上のご予約、また貸切り予約につきましては、土曜日に限らせていただきます。
少人数でのご予約につきましては、随時承りますので、よろしくお願いいたします。

ご挨拶 [ごあいさつ]

お酒と肴が大好きで、勢いあまって小料理屋さんを開いてしまいました。
お慶びの日に共に喜び、お疲れの日にリフレッシュ、また何でもない日にホッとしていただけるような
そんなお店を目指して、毎日頑張っています。
Image1213.JPG

日本各地の美味しい日本酒をメインに、焼酎・梅酒など和酒を色々取り揃えています。
日本酒は15種類ほどお飲みいただけます。
3~4日で空いていきますので、ほぼ1週間でレギュラーのお酒以外はスッカリ入れ替わります。
お越しいただいたときに気になったものは、ぜひその日にお召し上がりくださいね。

料理は、地元大阪の郷土料理や煮物をはじめ、日本酒によくあう肴をご用意しています。
漁師町で育ちましたので、魚料理が得意です。
自家製のきずし(〆鯖)やオイルサーディン、西京漬けなどのほか、お刺身や焼き物・・・
Image1247.JPG
いい魚が入ったときだけ作るので、必ずあるわけではないので申し訳ありません。
でも、旬の一番美味しいところを提供いたします。
おばあちゃん直伝、おふくろの味ならぬ「おばあちゃんの味」。
ぜひ一度お召し上がりくださいませ。

ところで!
2時間ドラマや刑事ドラマの中では、刑事さんが行きつけにしてる小料理屋が必ずありますよね?
そういうお店に対する憧れとか、行きつけにしたいという願望があったのですが、
実際には意外と存在しないような気がするのですが、どうなんでしょう。
とりあえず、私が飲み歩く範囲内には見当たらず、
あったとしても、高そうだったり、入れる雰囲気ではなかったり・・・
気軽に入れるけど、ちょっとそんな雰囲気を楽しめるお店でありたいなぁと思っています。
テレビの世界のような美人女将がいるわけではないですけど(汗)、
その分、気さくに気風よくお相手させていただきます。
Image1230.JPG

でも
小料理屋さんって、なんとなく大人の男性の世界って感じがしませんか?
カウンターだけのお寿司屋さんなんかでも、同じように感じるのですが、
女性にとっては敷居が高くて、1人では入りづらい・・・そこで考えたのが
女性が1人で入れる小料理屋さんがあってもいいやん♪
ということでした。もちろん男性の方も大歓迎です!
女性がゆっくり楽しめる場所は、男性にも居心地がいいハズだという発想ですから、
差別だーっ!だなんて拗ねないように(笑)。

ただ、ご注意が!
性格がどんなに竹を割ったような男前でも、わたくし女将は女性の味方です。
あくまで女性が1人で安心して飲んでもらえる小料理屋でありたいと思っています。
無体を働く方や、場の雰囲気を乱すようなお客様には、厳しい態度で臨ませていただきますので、
そのあたりはチャンと空気を読んで下さいね。

年齢性別を越えて、みんな家族のように一緒に楽しめるお酒
暖簾をくぐって、思わず「ただいま」と言いたくなるような空間
飲んでるうちに顔が自然とほころんでしまうような空気

そんな理想を形にできるお店でありたいと思っています。

女将の朋和(ともか)と申します。どうぞよろしくお願いいたします。


      営業時間とお店の場所
- | 次の10件 ごあいさつ ブログトップ