So-net無料ブログ作成
検索選択

美冨久さんの特招会のお手伝い(まだまだ6月の話の続き) [日々是好日]

6月の最終の土日、
いつもお世話になっている美冨久酒造さんの「夏の特招会」のお手伝いに伺いました。

担当はいつもの販売会場で

DSC_0488.JPG

試飲ブースでお手伝い。

DSC_0503.JPG

よく来てくださるお客様と顔見知りになってきたので、
話も弾むし、話題も膨らみ、面白いです。
春の会と違って、ゆったりお客様とお話ししてオススメできた二日間でした。


今回はMIFUKU'sバーが出店

DSC_0497.JPG


三連星と肴のセットジェットストリームアタック」500円。安っ!

DSC_0493.JPG

肴3種のうち、2種は当店で担当させていただきました。

今年もきき酒大会を開催。今回は滅多に出入りできないモト部屋で。

DSC_0491.JPG

前回は簡単だったということで、今年はちょっと難しくなったそうです(笑)。

きき酒を担当してた杜氏さんは白衣でバッチリ決めてはりました。

DSC_0505.JPG


そのモト部屋の下の地下室はダンボール迷路になってました。

DSC_0501.JPG

子供たち大喜び。
うちの娘(ちいまま)も楽しませてもらったとかもらわなかったとか(笑)。

2日目になると、毎回なぜかコスプレ度があがります(笑)

DSC_0502.JPG


いつものミフクちゃん。可愛い

DSC_0499.JPG


ミフクちゃん…といえば、試飲ブースにいらしたお客様
とっても可愛いお子様をだっこされていて、「あまざけ」をお勧めしました。
麹で造られた「あまざけ」はノンアルコールで離乳食にもなる優れもの。
気に入ってくれたらしくゴクゴク飲んでくれる様子が可愛くて「可愛いですね~」とお声をかけたら
「このこ、ミフクっていうんです」って。めっちゃ盛り上がりました!
実福ちゃん、元気に育って、いつか美冨久のお酒で乾杯しましょうね~

一緒に手伝いに行ってくれた越冬さん、ミフカーのお二方、お疲れ様でした!
お世話になった美冨久酒造の藤居社長はじめ、スタッフの皆様、ありがとうございました!
そして、大阪からもおいでくださった皆様、ありがとうございます。またお待ちしております。

旅の小ネタ集 [おでかけ]

会津若松の小さな本屋さんの店先に
DSC_0475.JPG
図書カードの柴犬さん

横浜の酒屋さんの看板には
DSC_0486.JPG
なんと「大黒正宗」! 阪神の震災以前は、横浜にたくさん出荷していたそうです。
あぶくまさんのお蔵で出していただいた「ままどぉる」 懐かしい!以前に東北によく遊びに来ていたころ、よく食べました。 なぜか岩手のお菓子だと思い込んでいて、郡山のだと聞いてビックリでした。
DSC_0439.JPG
あぶくまさん家のかめ
DSC_0436.JPG
かわいいじゃないか♪
郡山で見つけたお店。関西風串揚げ「なんでやねん」
DSC_0444.JPG
電話かかってきたら「ありがとうございます。なんでやねんです」って言うのかな(笑)
大阪空港の自販機
DSC_0415.JPG
なんで?って感じですが(笑) 飛行機に乗るのが久しぶりすぎて、緊張してフライトの1時間以上前に空港に着き 朝早かったのもあって、さっさと保安所を通って、搭乗口で寝ようと思ってたんです。 その保安所で、まぁ、ピーピー鳴りまくりで。 まずは頭。アップにしてるヘアピンを取れませんかと言われ「無理です」と。 次は腰。帯を留めてる留め金に反応したらしい。手で押さえて取ってクリア。 最後は足元。なんと足袋のコハゼがアウト。脱ぐ羽目に… もう少しで別室に連れ込まれそうな和装のテロリスト扱いでございましたの(笑)。 そんなこんなで、めっちゃ疲れて、お水を買おうと110円を入れてボタンを押したら なんとカルピスウォーターが出てきました。やーん、めっちゃ甘いやん。 という顛末がありまして。 楽しい旅でありました(笑)。 長く留守して申し訳ありませんでした~。ありがとうございました。

福島から東京・横浜へ(6月の話の続き) [日々是好日]

せっかく福島まで行ったのだから、もう少しゆっくりしたい気分ではありましたが
東京居酒屋さんも気になるし、東京の(というか横浜の)友人にも会いたかったので
大急ぎで東京に…
DSC_0477.JPG

完璧おのぼりさんです(笑)

丸ノ内線に乗りたくて、丸の内出口(?)に出てきて(←たぶん正解)
途中で「丸の内線こちら」的な看板を見つけて(←ここまでも正解)
それに従ってたつもりが見失ってビルの中をウロウロした結果(←はい、間違った)
八重洲口から丸ノ内線に乗るという迷子っぷり。
十年前は地図がなくても歩けたのに(泣)

そんなこんなで、新宿で友人と合流しまして、新宿の「もと」さんへ。
友人は横浜に来て10数年。
まかしといたら大丈夫かと思いきや、えらい方向音痴になっておりました(笑)。
いや、よく考えたら彼女はもともと方向音痴だったような…
そんな日本酒好き高校時代の悪友と
天明

DSC_0478.JPG

川鶴

DSC_0482.JPG

なんだろうなぁ。
うちの店で飲まない(飲めない)お酒を飲もうと思って意気込んできたのに
特に目新しくないと感じてしまうのは、流通がよくなったからですかねぇ。
関西のお酒もたくさん見受けられました。

絶対食べなきゃダメだよと、友人のご主人から言われてたポテサラ

DSC_0481.JPG

美味しかった~♪

さて、池袋に移動するのにも迷子(笑)。東京怖いわ~(爆)。
ぐるぐるしながら、ようやく「わく」さんに到着

前日、「松の寿」さんと「結」さんの会があったそうで、お酒はこちらの飲み比べ。

DSC_0483.JPG


穴子の碗もの
DSC_0484.JPG

これ、めっちゃ美味しかった!アナゴ好きにはたまらん。

さらに迷いながら新宿の柴犬バーに立ち寄り
(残念ながらハナちゃんのご機嫌ななめで、あんまりお相手して頂けなかった)
立川の柴犬バーにも行きたかったけど、さすがにそれは諦めて
横浜の友人宅で飲むことに(笑)
DSC_0485.JPG

ワイン好きだったはずのご主人が、すっかり日本酒にはまり
もしかしたら、もうしばらくしたら、日本酒絡みで一緒に仕事ができるかも。
楽しみにしております。
ごちそうさまでしたー!

翌日はコジャレたカフェでランチしました

DSC_0487.JPG

久しぶりにゆっくり話ができて、いっぱい元気貰いましたー♪
新横浜に出て、有名店のシュウマイ買って帰ってきました。

東京・横浜でお会いした皆様、ありがとうございました!

「会津中将」さんのお蔵に行ってきました(6月の話の続き) [おでかけ]

ようこそ会津へ
DSC_0456.JPG

ってことで、翌日早朝から会津若松に移動。

懐かしの会津若松駅
DSC_0457.JPG

もう25年くらい前かな。初めて会津に来た時も、ここで写真を撮りました。
会津若松や喜多方の町は、いつも私を懐かしい気持ちにさせてくれます。
郷愁っていうのかな?なぜか泣きそうになる。よくわからないけど。
毎年のように通っていたけれど、結婚してからすっかりご無沙汰していた会津。
やっぱり変わりなく、迎えてもらえた気がして嬉しくなりました。

で、もちろん大好きな飯盛山の栄螺堂にも寄って…

七日町の鶴の江酒造にお邪魔しました

DSC_0459.JPG

アールがきれいな煉瓦造りは、昔、郵便局だった名残だとか。

DSC_0458.JPG



ゆりさんは、出張中でお会いできないとのことだったので
お店は開いてるとのことだったので、お蔵の外観だけでも見せてもらおうと思って行ったら
ご主人の向井さんが、お蔵を案内してくださいました。
お忙しいところ、申し訳ありませんでした。

釜場
DSC_0460.JPG


蒸しあがったお米は滑車を使って2階の麹室へ

DSC_0462.JPG


仕込み蔵は天井が低くて、櫂棒が当たりそう…

DSC_0463.JPG

と言うと、
「うまく醪自身が撹拌するように動いてくれるので、ほとんど櫂入れしないんです」
とのこと。おお!

こちらは伊藤式の槽

DSC_0465.JPG

中は木ではありませんでした!
DSC_0466.JPG


いろいろ熱心にお話してくださった向井さん

DSC_0464.JPG

ありがとうございました!

七日町は明治の面影を残すノスタルジックな町です。

DSC_0474.JPG


会津餃子が名物と聞いて(20年前は知らなかった)、有名(らしき)お店で頂きました~ ボリューミーでござった。

DSC_0476.JPG


今回は喜多方や南会津に立ち寄れなくて残念でしたが、また来ます。
会津若松でお世話になった皆様、ありがとうございました~!

「あぶくま」さんのお蔵にに行ってきました(6月の話) [おでかけ]

6月の話でスミマセン;
1週間のお休みを頂いたときの話です。福島に行ってきました。

大阪空港から始発の飛行機で福島空港へ
DSC_0417.JPG

緑のキレイな空港です。久しぶりです。

空港バスで郡山に出まして、迎えに来てくださった「あぶくま」の玄葉社長と合流。
お蔵に送っていただきました。
地元銘柄「奥州鶴」の看板です

DSC_0418.JPG


早速お蔵を見学させていただきます。
もうお酒造りは終わられてるので、お蔵はメンテナンス中。 釜場の釜は上げられて、前の造りで蒸米の出来などを調整すべく 中の煉瓦を調整しているそうです。 手前の木材は、木槽の中に敷くものなんですが、 新しい木だとお酒に香りがついてしまったり、問題が起きたりするので 夏の間に水に浸したり、手をかけて準備してるとのことです。

DSC_0419.JPG


モト場

DSC_0424.JPG

釜場の気温とモト場は、ほんの数メートルしか離れてないのに気温が全然違います。
部屋を移動するたびに、少しひんやりしたりあったかかったり面白い。

仕込み蔵からタンクをのぞかせてもらってます。

DSC_0429.JPG

地震の時は、タンクが倒れるような被害はなかったものの
タンクの下を支えている石がずれて傾いてお酒がこぼれたりして大変だったとのこと。
きっと私たちには窺い知れないいろんなご苦労や被害があるのだと思います。
これからも頑張っていただきたいです。(めっちゃ応援する!)

佐瀬式の槽

DSC_0426.JPG

釜場で用意されてた木はこちらで使われる模様。

いいお天気で

DSC_0433.JPG


外でみんなで写真を撮りました!

DSC_0434.JPG


お蔵の目の前には船引城跡
DSC_0437.JPG


のどかな城下町の、こじんまりしたお蔵。
「あぶくま」のお酒が造られている場所の空気を感じられて感動でした。
いろいろお話を伺って、お蔵をあとに…

船引駅

DSC_0440.JPG


ホームにはお人形様が祀られています。 これは、外から悪いものが入ってこないように船引を守っている魔除けだそう。 アフリカっぽいというか、なんというか… 江戸時代文化年間からの風習だそうです。

DSC_0442.JPG


郡山に移動してホテルにチェックイン。 再び玄葉社長と合流して、社長おすすめの居酒屋さん「門土庵」さんへ

DSC_0445.JPG


福島のお酒がいろいろ。楽しい~♪いっぱいお勉強させていただきました(笑)

DSC_0448.JPG


玄葉さんともう一軒

DSC_0452.JPG

楽しい郡山の夜となりました。

大阪からご一緒してくださった、越冬さんのお二人。
アテンドしてくださった、かどや酒店さん。
そして玄葉社長はじめ玄葉本店の皆様、ありがとうございました!