So-net無料ブログ作成

美冨久 春の蔵まつり [日々是好日]

3月28日29日は、泊りがけで美冨久さんにお手伝いに行ってきました。
「美冨久さんに9時出社」とかふざけておりましたが、ほんとにそんな感じで(笑)
5時起きで行って参りました~♪

春の蔵まつり恒例、大釜ゆで玉子
DSC_0273.JPG


土曜日はお天気に恵まれて、大入り満員御礼状態

DSC_0272.JPG

駐車場の飲食スペースが、人で溢れていました。

樽酒は枡で300円。おかわりは100円。

DSC_0282.JPG

売れまくってたみたいです。

お手伝いしてた試飲コーナーはこんな感じ

DSC_0287.JPG

美冨久さんのすべてのお酒を試飲できるので、とんでもないことになります(笑)
この二日間しか販売しないお酒はバカ売れ。
意外にも、大吟醸がよく売れてくれたのが嬉しいですね。
味のしっかり乗った美冨久の旨い大吟醸・・・飲んでもらえばわかります。うんうん。

酒粕コーナーはいつも大賑わい

DSC_0283.JPG

500円で30秒詰め放題。 ↑ は20秒時。
「あと10秒。まだまだイケる!もっと積めるよ~!押し込んで!5!4!3!・・・」
とか煽られて、カウントダウンされちゃうと、皆さん必死になってしまうんですよね。

それでこんなに詰めてしまう。
DSC_0284.JPG

去年は7キロも詰めた人がいたとか・・・
でも飲食店でもない限り、持って帰ってから「これどうしよう(汗)」ってなってるかも。

綿菓子コーナーはお子様たちの人だかり

DSC_0285.JPG


甲賀のゆるキャラにんじゃえもんも来てくれました!

DSC_0277.JPG


土曜日は暑すぎるくらいのお天気でしたが、翌日曜日はあいにくの雨・・・
それでも800名のお客様に恵まれ、二日間で2400名ものお客様が来てくださいました。
ありがとうございました!

お手伝いに伺って、楽しかったというのもどうかと思うのですが(笑)
お客様の反応がダイレクトで、とても面白いのです。
とっても楽しませていただきました。
美冨久酒造のスタッフの皆様、そして足を運んでくださった皆様、ありがとうございました!

3月最後の週末は美冨久さんに集合! [日々是好日]

暑いような日があると思えば、また一気に冷え込んだり・・・
身体がついていかないわぁ~なんだろ?風邪ひいちゃったかな;

と思っていたら、どうも花粉症のような・・・
鼻がムズムズ、クシャミが止まらず、咳が出て喉が痛い。
周りからは「花粉症やで」と言われつつ
頑固に「認めたら負けや!これは黄砂かPMのせいやからっ」と言い張っております(笑)

さてさて、週末は暖かくなりそうですよ~
蔵まつり日和です!

3月28日29日、10時~16時。滋賀の美冨久酒造でお待ちしております~♪
kuramaturitirasi.jpg

◆もちろん蔵見学できますよ!
蔵見学は、毎時間 00分 30分 の2回を10時~16時までの間随時行います。 会場にご来場いただきますと、まず受付を行っていただきます。そこで、ご希望の方は蔵見学の予約を行っていただき、時間になりましたら蔵の中をご案内させていただきます。 蔵の奥になにかが・・・など蔵見学していただいた方だけの特別特典がてんこ盛り!!
 
◆量り売りのお酒は、とってもお買い得!
美冨久が誇るお酒をタンクから直に瓶詰めする量り売りを店頭で行います。 とっておきのお酒をこの日だけの特別価格でご提供。 その他にも、お得がいっぱい!!
 
◆大酒釜ゆで卵!!
昔、仕込用のお米を蒸すために使っていたかなりでかい大釜を使ってお酒を煮込んだお湯に卵を漬けて茹で上げます。 1日1000個を来場者皆様に振舞います!!
15分ずつの茹で時間がかかるので大酒釜の前にならんでお受け取り下さい。数に限りがあるのでお一人様一つ限りとさせていただきます。
もちろん、煮詰めているのでアルコールも飛んでおり、アルコールの飲めない方やお子様でも楽しんでもらえますよ~。 ほんのり卵に付いたお酒の風味をお楽しみください!!
また、同じ釜で枝豆も茹でます!!こちらは一盛り¥200-

◆お楽しみの新企画♪
今までになかった新企画も登場!! 大人も子供も大興奮なガチャガチャ。何が当たるかはカプセルを開けてからのお楽しみ!! カプセルの中に商品引換券が入っているので大きさは関係ありません。

◆美冨久さんに行くには
JR京都駅(JR琵琶湖線のぼり)→JR草津駅(JR草津線に乗り換え:京都から7つ目)→ JR貴生川駅(草津から5つ目-近江鉄道に乗り換え)→水口城南駅下車→徒歩15分:美冨久酒造着

4人いるからタクシーで行こうとお考えの方は、JR草津駅→JR三雲駅でタクシーに乗られるのが便利です。

私は・・・というと、おそらく試飲会場でお酒のご案内をしていると思います。
ほぼフルラインナップ味わっていただけますので、ぜひお立ち寄りくださいね!
週末は美冨久さんでお待ちしておりまぁす♪

美冨久酒造 春の蔵まつり

大倉本家さま蔵見学ツアー [日々是好日]

3月15日、また雨になっちゃうかしら~とドキドキしながら、奈良にお出かけ。
朝からちょっと振っていた雨も、お昼には上がって、キレイな青空になりました。
DSC_0224.JPG

まずは大倉社長から酒林の説明を受けます

DSC_0229.JPG

少し小ぶりだった杉玉を、大きいものに交換してもらった裏話など(笑)
DSC_0225.JPG


残念ながら、もう皆造されていて、醪も残っていない状態でしたが 大倉さんのところは、皆造後に濁酒を造られるので、 ラッキーなことに濁酒のモトとなるそやし水を見せていただくことができました。
DSC_0232.JPG

いつもながら強烈なにおいです・・・
花巴さんの水モトと基本的には同じなのですが、香りが全然違うのが面白いところ。

麹室
DSC_0231.JPG

濁酒用の麹が奥の室にありましたが、見せていただけました。

皆さんお待ちかねの試飲タイム
DSC_0230.JPG

今年のラインナップと、去年のラインナップを飲み比べさせていただきました。
純米大吟醸は、売れ行き好調で、もうお蔵にはなくて、残念でした~。

大阪に移動しまして宴会です
DSC_0233.JPG

裏難波の羅漢さんにお邪魔いたしました。ごちそうさまでした!

大いに食べて飲んで宴会も無事終了

DSC_0235.JPG


遅くまでお付き合いくださった大倉社長、
おいしい粕汁をふるまってくださった、女将さん、奥様、ありがとうございました!

そして、ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。
いつもながら、移動が大忙しで申し訳ありませんでした・・・
今度は、もう少し余裕のある動きにしたいと思います(泣)

大倉さんのお蔵も、今年から米洗いの仕方を変更されて
確かにあじわいのキレが変わってきたようです。今後も楽しみにしております。
皆さん、楽しい時間をありがとうございました!

大倉本家蔵開き [日々是好日]

花巴さんの蔵見学ツアーの翌日は、大倉さんの蔵開きでした。
いつも千人を超えるお客様でごった返す、近鉄さん主催の「酒蔵みてある記」。
前日のいいお天気とはうってかわって、大荒れの大雨で…晴れ女パワーを前日に使い果たしたようで申し訳ありません(笑)

いつものように、お洒落した甑が迎えてくれました。
DSC_0210.JPG
私は、こちらの試飲会場で、お手伝い。
DSC_0208.JPG
備前朝日の25BYを試飲して頂きました。
みなさん興味津々で、「山廃って何?」とか、「奈良県やのに、なんで備前なん?」とか、「金鼓と大倉って、何が違うん?」とか、たくさんご質問頂きました。
大雨のせいで、いつもの5分の1程度のお客様だったというのもあり、ゆっくり飲んで頂けましたし、しっかりお話もできて、それはそれで良かったかもしれません。
11時半くらいから14時すぎまで、例年に比べると緩やかな時間でしたが、いつになく濃い時間だったなと思います。
イベントの片付けをしながら、ちょっと覗き見。
純米吟醸になる山田錦の醪です。
DSC_0209.JPG
お昼は、いつもながらボリューミー…○| ̄|_
DSC_0211.JPG
美味しい粕汁と共に頂戴しました。
ご馳走さまでした~[ぴかぴか(新しい)]

いつもの大倉ファンの皆さんも来てくださいました!
Screenshot_2015-03-16-11-03-56~2.jpg
雨のなか、ありがとうございましたヽ( ・∀・)ノ

花巴さんに蔵見学に行ってきました! [おでかけ]

2月28日、とってもいいお天気に恵まれて、吉野に遠足に行ってきました。
吉野は大阪と違ってやっぱり寒いんじゃないかと思っていたのですが
予想を裏切る嬉しい暖かさ。
いつもなら強風に飛ばされそうになる美芳野橋の上も穏やかです。
DSC_0190.JPG
「花巴」を醸す美吉野醸造さんに到着~♪
DSC_0198.JPG
早速、橋本杜氏に案内していただきます。 甑の前で、米洗いの重要さについて、ガッツリ語ってくださっています。
DSC_0191.JPG
今年から、洗米と浸水の仕方を変えたことで、酒質に変化があったのだそう。 水モトのお酒が、すっきり綺麗に仕上がってて、今までで一番好きだなぁとか 悪く言えば全体にモッチャリしていた後口が、味の余韻を引きつつキレる感じになったなぁとか 感じてたことが、これか!とスッキリ。 水モトのモトを見せてもらえる素晴らしいタイミング。
DSC_0192.JPG
モト場中に、水モトの香りが充満しておりました(笑) 水モトも、山廃も、速譲も、同じモト場でモト立てしているけれども 過酷な環境で造るからこそ、強い菌だけが純粋に生き残っていける・・・ それが花巴のお酒造りなんだと、力強く語ってくださいました。 みんなで醪をのぞきこみます。
DSC_0193.JPG
麹室では、甘酒用の麹がつくられていました。
DSC_0195.JPG
先日、NHKで花巴さんの甘酒が取り上げられたんだそうです。 お酒も美味しいですが、こちらの甘酒、ほんと美味しいんです。 さすがですね♪ お待ちかねの試飲。
DSC_0200.JPG
今年の水モト、ほんと美味しいです。 食べる酒粕を混ぜて、即席にごり酒をつくらせてもらったり(笑)。 試飲させてもらった頭の上には、鬼瓦ならぬ樽瓦。
DSC_0197.JPG
2年前にお蔵の改築をされたときに、屋根の上から発見されたそう。 蔵元さんたちも知らなかったというから面白いです。 見つけてもらえてよかったですね! 美吉野醸造の皆様、ありがとうございました!
DSC_0202.JPG
さてさて移動しまして宴会です。 今年も大和ポークと大和肉鶏のつくね鍋ですが 今回は生姜スープと豆乳出汁の2種類、巴鍋(笑)で頂きます。
DSC_0204.JPG
橋本杜氏に注いでもらって嬉しい皆さんです♪ 〆のおうどんも頂いて、満腹。 ほうらんやさん、いつも我儘きいてくださって、ありがとうございます~!
DSC_0205.JPG


橋本杜氏、ご参加の皆様、とても楽しい時間ありがとうございました!

名古屋遠征してきました [おでかけ]

もう3月ですね!
三寒四温とはよく言ったもので、あったかい日があったと思えば、また寒くなり・・・
おかげですっかり体調が悪い始末です(笑)

さて、先月の話ですが、お休みを頂いて名古屋に行ってきた話です。
いつもなら乗らないラッシュの電車に乗り込んで、近鉄特急へ。
名古屋で酒屋さんたちと合流しまして、
「菊鷹」を醸す藤市酒造さんの最寄り駅である稲沢駅に向かいました。
DSC_0155.JPG
失礼ながら、想像以上に立派な駅で都会な感じだったのでびっくりしました(笑)。 藤市酒造の加藤専務と合流しまして、味噌カツ頂きました!
DSC_0156.JPG
しぶいおじさまが鉄板でトンカツを焼き上げる、ヘルシー(?)な味噌カツ。 なんとなく辛い味噌のイメージだったのですが、甘いんですね。 美味しかったです。結構好きな味かも♪ 名古屋と言えば、喫茶店ですよね。 食後のコーヒーをと、喫茶店にも連れて行ってもらいました。 私はホットコーヒーを頂いてたのですが、アイスを注文したらこんな兎のカップが!
DSC_0157.JPG
アイスにすればよかったわ~(笑) 車で10分ほど移動しましてお蔵へ。
DSC_0158.JPG
いつ見ても立派な店構えと看板です。 お忙しい山本杜氏に代わり、専務が案内してくださいました。 モト場の前の神棚。さすがいいこと書いてます。
DSC_0160.JPG
甑倒しも終えられて、仕事の終わった麹室。
DSC_0162.JPG
バタバタお仕事中の山本杜氏。お忙しいところスミマセンっ
DSC_0169.JPG
山廃純米吟醸の醪。いい香りです。
DSC_0168.JPG
ぶくぶく醪。
DSC_0171.JPG
2メートルくらいの高さのところの平均台のような細い足場で 香りを確認させてもらうのですが、結構怖いです・・・ 着物でウロウロしてたので、「ともかさんくノ一みたいですよ」と笑われました。
DSC_0172.JPG
めっちゃビビってる状態なのに、山本杜氏から 「どっちが8号酵母かわかりますか?」とテストを受けるorz 正解できてよかったです(笑) さて試飲。
1425702665077.jpg
きれいでシャープな仕上がり。まだ若いけど少し温度が上がると旨みが出てきます。 かつての山本さんのお酒を彷彿とさせるバランスですね。 この日、上槽中だった山廃本醸造は、「うまい!」とうなる感じ。 もう少し味が乗って落ち着くのを楽しみにしてます。 加藤専務、山本杜氏、ありがとうございました!
1425702660412.jpg
さてさて名古屋市内に戻りまして、小料理bar結のゆりさんと合流し ゆりさんオススメの「店長のひとりごと」さんへ。 乾杯
1425702670370.jpg
名古屋といえば、やっぱり手羽先よね。 東海地方の地酒を飲み比べながら、いろいろ名古屋飯をば。
DSC_0179.JPG
エビフライのメニューもあって 「にゃごやでは、えりゃーでっきゃーエビフリャーを食べにゃあ」 とか言いつつ食べず。 なんと頂いたのは「小倉いちごピザ」
DSC_0180.JPG
なんでも生クリームと餡子をつけたらええっちゅーもんちゃいまっせ(笑) ウロウロ、名古屋の面白いお店を巡りつつ、最終目的地はもちろん小料理bar結。
DSC_0182.JPG

いつもながらお綺麗なゆりさんでした。

美味しい干し柿バターを頂き
DSC_0181.JPG
登さんたち奈良組が最終の新感線でお帰りになるのを見送って 私はゆりさんと深夜の名古屋を楽しませて頂きました♪ 翌日は、名古屋の名物酒屋さんにお邪魔して、楽しい時間を過ごさせていただきました。 これから東海の面白いお酒も入りますよ~! というわけで、お休みを頂いてしまって、申し訳ありませんでした。 が、蔵元さんとの話、酒屋さんとの話、また飲食店さんたちとの話と とっても充実した1日半となりました。いろいろ活かしていきたいと思います。 お世話になって皆様、ありがとうございました!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。