So-net無料ブログ作成
検索選択

連休を頂戴します [日々是好日]

11月1日~4日まで、連休を頂戴します。
毎年恒例のようになった、私の足首捻挫のせいで
またもしばらくテーピングのお世話になっておりまして・・・
(ほんとテーピングテープを発明した人、天才です!)
酷使してると全然治らないので、ちょっと養生したいと思います。
日曜営業を楽しみにしてくださってる皆様には申し訳ありませんが
どうぞよろしくお願いいたします!

当店のHPができました!ぜひご覧くださいませ♪
http://www.tomoka-nihonshu.com

ときには焼酎のお勉強 [日々是好日]

先々週、久しぶりに、焼酎のお勉強に出かけてきました。
もちろん日本酒好きな私ですが、
美味しいお酒の何かを否定しようなんて、これっぽっちも思ってません。
ワインでも焼酎でもウィスキーでも、美味しいものは美味しいのです。
なので、お勉強できる機会があれば、できるだけ出かけようと思ってます。

今回は鹿児島の「国分酒造」さん。
DSC_0006.JPG
「さつま国分」や「いも麹芋」を造ってらっしゃる蔵元さまです。
社長の笹山さんにお話を伺ってきました。

国分酒造さんといえば、私にとって「いも麹芋」が印象的なお蔵でした。
芋麹のお酒が珍しかったというのもあると思います。
芋麹だと、しっかりした味わいになるのなーと勝手な思い込みの中で
スッキリ切れ上がるお酒に出会えたなと思っていました。
なんと、こちらの芋麹は、切り込まず、まるまま麹にするんだそうです。
米麹に比べてスッキリ感じるはずだなぁと、妙に納得
(もともと、米麹の方がコックリした旨みがでるそうなんですが・・・)。
同じ黄金千貫を使った「さつま国分」と「いも麹芋」を飲み比べて、よくわかりました。

次に同じ芋麹を使って、芋が黄金千貫の「いも麹芋」と、蔓無源氏の「安田」を飲み比べ
え・・・?と。
「安田」のよくわからない香りに、頭が完全に?マーク。
去年も頂いたはずなのですが、こんなに強い?は出なかったわけで。

さて、ここから化学の話です。
(正直、よくわからないので、あんまり信用しないでくださいね・笑)
麹菌の働きは、日本酒でも同じで、デンプンをブドウ糖に変えるわけですが
そのときにαアミラーゼやグルコアミラーゼという酵素を作り出しています。
同時に、さつまいもの場合、ブドウ糖の中にモンテルペンアルコール配糖体というものがあって
それをβグルコシターゼという酵素(白麹より黒麹がたくさん作り出す)によって
芋焼酎独特の特徴香(モンテルペンアルコール)を作り出すのだそうで
それが、柑橘香の香りに繋がるのだそうです。
芋麹を使ったものは、このモンテルペンの数値が高くなり
なかでも、蔓無源氏の芋を使ったものは、モンテルペンのなかでもシトロネロールという
シトラスの香りやライチのような果実香の成分の数値が高くなっていて
「安田」は、とても興味深い香りになっているとのこと。

個人的には、芋くさい感じの芋焼酎が好きなのですが
サツマイモから、このシトラスの感じがどうして出るのか、ずっと不思議に思っていたので
いろいろ教えていただいて、とても面白かったです。

笹山社長、かどやさん、ありがとうございました!
実は、国分酒造さんの会には、笹山社長の幼馴染の美人の書家さんがいらしてます。
まあ、ちょっと彼女に会いたいという不純な動機でお邪魔したしましたが(笑)
いっぱいお勉強できて、一石三鳥くらいでした!

当店のHPができました!ぜひご覧くださいませ♪
http://www.tomoka-nihonshu.com

滋賀地酒の祭典に行ってきました!台風のなかw [日々是好日]

先日13日、滋賀県の大津プリンスホテルで開催されました「滋賀地酒の祭典」に行ってきました!
そう、16時以降関西圏のJRがすべて運休になった、あの台風の日ですw

今回はスタッフではなかったので、当日の朝まで、行くかどうか迷ってたのですが
どうも、近畿圏に来るのは15時以降のようだし、
最悪、徐行運転の電車に乗ることになったとしても15時までに大阪に戻れるように計算したら・・・
うん、大丈夫でしょう。そう、本当に最悪のときは、大津に親友が住んでるし(笑)
とまぁ、出かけたら、さすがに行きの新快速も空いてまして、大阪から座って行けました。

12時から酒屋・飲食店、13時から一般の開場だったのですが
前日、「開催するのかなぁ?」と思ってHPをチェックしたら
急遽15時で終了ということになったので、一般もすべて12時から入場できるように変更。
ということは、もしかしたら早めに開場するかもしれないなぁと思って11時半入り。
案の定、15分前に開場となったので、大急ぎで美冨久さんのところへ。
DSC_0002.JPG

早々にテンションの高い社長とカイ兄さん。
そして冷ややかに見つめるあんちゃん(笑)

あかん、今日はここで遊んでる場合じゃなくて・・・
とばかりに、大急ぎで試飲&ご挨拶に。

北島さんのところでは
「今日泊まりですか?」と聞かれたので「60分1本勝負です」と答えたら
「ゴングが鳴りましたねw」と。プロレス好きなの知られちゃってます?(笑)

このあたりまでは、まだ会場も静かな感じ。
DSC_0003.JPG

だって、まだ12時前ですもん。
でも、このあと、アチコチの蔵元さんのところにご挨拶に回って
ようやくほっとした12時15分には、会場はいつものような大騒ぎになっておりました。
さすが、いつも大人気のイベントだけあります。
そういえば2年前の台風のときも、結構な賑わいでしたもんね~

美冨久さん始め、うちでよく飲んでもらえる銘柄はあえて避けて
(あ、大治郎さんとこの大吟醸は、こっちでは買えないからデス)
DSC_0005.JPG
こんな感じで仕入れてきました!

この24BYの「薄桜」。私、個人的にかなり好きです。
もちろん好きな味のお酒ばかり買ってきたのですが、ちょっと突出してるかも。
早い者勝ちですので、ぜひお早めにどうぞ♪

で、13時すぎにはホテルを辞し、14時半には無事心斎橋まで戻ってまいりました。
その後、うさぎさんの2周年のお祝いに顔を出したりなんやかんや・・・
ほとんど傘を使わずに1日動けるという奇跡でした。
お会いした皆様、ありがとうございました~♪

連休をいただいて、リラックスさせていただきました。
本日より、また頑張りますので、よろしくお願いいたします!


当店のHPができました!ぜひご覧くださいませ♪
http://www.tomoka-nihonshu.com

連休を頂戴しております [日々是好日]

本日、10月11日(土)から定休日の14日(火)まで、連休を頂戴しております。

ここのところ体調がすぐれず、皆様にご心配をおかけしてスミマセン;
少しまとまったお休みをいただいて、心身ともにリフレッシュしたいと思います。

ご来店を予定してくださっていた皆様には、大変申し訳ありません。
休み明けの15日以降のご来店、心よりお待ちしております。

玉川会に行ってきました [日々是好日]

5日の日曜日、お休みを頂きまして、木下酒造さまの「玉川会」に参加してきました。
4回目となるこの会は、もともと酒屋さんだけが招かれて、久美浜で開催されてたそうなのですが
今回は、「玉川」推しの飲食店も参加できることになり、声をかけていただきました。
ありがとうございます!

場所は京都駅前のメルパルクホテル。
大学の入試説明会などのセミナーが行われてるお隣の会場でした。
大丈夫かいな(笑)

まずは木下社長のご挨拶。
そして早速利酒でした。こうやって玉川ばかり並ぶと壮観です。
DSC_0019.JPG

約40種類の出品酒は、ハーパー杜氏が着任早々金賞を受賞した2007年の純米大吟醸から
山廃本醸造、TimeMachineまで、さまざま。
DSC_0021.JPG

一通り味を見てみて、偶然ご一緒した寝屋川の酒肴屋さんと休憩がてらおしゃべり。
再びの利酒は、1度目に「あれ?こんな感じやったっけ?」と自分が納得のいかなかったものを。
ほんの30分ほどの経過ですが、ぐっと味が乗ってきたり、角が取れたりして
「そうそう!これこれ!」と思えるのが面白かったです。
それでもやっぱり「うーん、渋いな・・・あと2日は放置しないと(笑)」と思うものも。
「玉川」ですねぇ(笑)
その後、お気に入りのものをもう一度。
スペックがどうこうよりも、やっぱり好きなものはハッキリしていて
「大吟醸」「純米吟醸 祝 生原酒」「純米吟醸 こうのとり」「山廃純米 雄町 生」
そしてもちろん「山廃本醸造 生」でした。この本醸造ほんとに美味しいんです。
皆さん、ここで足を止めて「うんんまっ!なにこれ?え、本醸造?うまいわ~」と。
「旨いもんは旨い。旨いもん作ってんねん。あたりまえやん」と
以前、本音とも冗談ともつかず、酔っ払って話してくれたハーパーさんの言葉が蘇り
なんだか嬉しくなった瞬間でした。

たいがい、いい気分になってきたころ、大切なことを思い出しました。
余興と称して、ブラインド利酒などと恐ろしいことを企画されてるんです。
せっかくだからと、おそるおそる・・・(笑)
DSC_0020.JPG
テーブルに置かれてるA~Eのお酒に、
別のテーブルの1~5のお酒をマッチングさせるスタイルです。
ひとつは明らかに色が違ったのでわかりやすかったのですが(笑)
写真を撮っておけばよかったな~。とりあえず、えいやっと投票。

そして、利酒のあと、木下社長から30分、ハーパー杜氏から30分の講義。
眠くなるに決まってますやん!
(あ、私が吐かずに飲んでしまうから悪いのでした・笑)
DSC_0024.JPG

社長からは、「玉川の現在・過去・未来」と題し
玉川会に初参加の飲食店向きに、木下酒造の歴史とハーパー杜氏との出会いなど
お話いただきました。

また、ハーパー杜氏からは「玉川という酒の変化・進化」についてのお話。
24BYから25BYで、変わったお酒について、変わらないお酒についての説明。
また、しぼりたてからの時間軸の変化や、熟成という時間経過の変化について
「こんなことは私が言わなくても、ここにいる皆さんはよくご存知でしょうけど」と言いながら(笑)
話してくださいました。
そのなかで印象的だったのは「変化は友達」という言葉でした。
「蔵を出たときがベストの状態だから、それをキープしてほしいっていう蔵元の考え方もある。
でも、私は蔵を出て、酒屋さんで育てられ、
飲食店やエンドユーザーが、自分好みになるタイミングを探したり、
自分好みに変化させるのを楽しんでほしい。出荷してからが第二の造りやと思う。」
お酒に対するこの考えかた、また、それをきちんと言葉にできるスタンスが好きで
私はハーパー杜氏と話をしたり、一緒に飲んだりするのがすきなんだと思います。
そしてそのぶれない精神がお酒造りに活かされているのか
「なるほど、そう来たか」と思える、うまいお酒に出会えるのだと思いました。

さてさて、時間はおしつつ、懇親会へ
DSC_0029.JPG
かわいいコースターに、平杯も玉川ロゴが。

社長のご挨拶のあと、ご一緒してくださった登酒店の登社長による来賓挨拶。
そして東京のはせがわ酒店の長谷川社長による乾杯があり
ハーパー杜氏ほか、従業員のみなさまの挨拶がありました。
DSC_0031.JPG
ハーパー杜氏はすでに蔵入り準備万端でつるんと剃りあげてらっしゃいました。

酒肴屋さんと同じテーブルにつき、お酒やお料理の話に花を咲かせ・・・
だんだん同じテーブルの方たちとも打ち解け、うちのテーブルだけお酒多くない?って状況に(笑)
知り合いの酒屋さんや、以前広島でお世話になった飲食店さんもご参加だったので
ご挨拶させていただいたり、わいわい楽しくさせていただきました。
そこへ例のブラインド利酒の結果発表が!
20名ほどの方が正解だったとのこと。
「京都市の〇〇酒店の〇〇さま」とか「名古屋市の〇△(飲食店さん)の△△さま」とか呼ばれるなか
なかなか名前を読んでもらえず、
「こりゃ外したかな・・・ブラインド利酒があったことは内緒にしとこう」と思い始めた頃
「とーもかさーん」と呼んでもらいました。
え、そこは「大阪市の小料理ともか 高野さま」と呼んでくださるんじゃないの?(笑)
まるでお友達のような扱いに、嬉しいような気恥ずかしいような・・・(汗)
ありがとうございました。お酒を頂いてしまいました。

長い時間のようで、あっという間の楽しい勉強会でした。
木下社長、ハーパー杜氏、橋本さんはじめ木下酒造の皆様、ありがとうございました。
今期のお酒も楽しみにしております。
またご引率くださった登さん、ご一緒してくださった皆様ありがとうございました。


当店のHPができました!ぜひご覧くださいませ♪
http://www.tomoka-nihonshu.com

10月5日(日)臨時休業させていただきます [日々是好日]

大変申し訳ありません。
10月5日(日)お休みさせていただきます。

京都で玉川さんのお酒の勉強会に参加してきます。
休み明けには、その成果を発揮したいと思いますので
よろしくお願いいたします。

本日、開店から蔵元さんが続々登場くださり、バタバタ開店いたしました~

http://www.tomoka-nihonshu.com

ビール祭りはこんな感じでした~ [日々是好日]

日本酒ゴーアラウンドで盛り上がる日本酒の日…
うちは毎日「日本酒の日やなぁ」と、毎年ビール祭りしちゃってるわけですが、
今年もなかなか賑やかにありがとうございました~[黒ハート]

DSC_0008.JPG
ビールのことは、さっぱりわかりませんが(笑)、お楽しみ頂けたようです。

日本酒の前にビール飲むわ~[るんるん]
と来てくださったお客さまが、さかずきんちゃんダブル付けで嬉しかったです。
ありがとうございました~[ぴかぴか(新しい)]
DSC_0011.JPG


HPができました! [ごあいさつ]

小料理ともかのHPができたんです。
本日、日本酒の日にめでたく公開となりました!


ぜひ見てくださいね[るんるん]

ちなみに本日、当店はノーアラウンドでビール祭りを開催いたします。
ビールが無くなり次第、営業は終了させて頂きますのて、ご了承くださいませ。
こ皆様のお越しをお待ちしております!